2012/05/10

東京大学医科学研究所の学友会セミナーにて、当社社長が講演を行います。

詳細は、こちらをご覧ください。

学友会セミナー
開催日時 2012年5月15日 17:00-18:00
開催場所 1号館2階会議室
講師 吉田文紀 -Fuminori Yoshida-
所属 シンバイオ製薬株式会社 -SymBio Pharmaceuticals Limited-
演題 ”人の往く道の裏に花咲く道あり「SCF(Stem Cell Factor)の開発が与えたシンバイオ創業のヒント」-SymBio's Blue Ocean Strategy...A lesson learned from SCF development”GCOE特別セミナー(医科学教育セミナー)
概要 吉田文紀氏は、米国MIT修士課程をご卒業後ハーバード大学大学院で経営学、医療政策論を学ばれ、その後、日本、米国のライフサイエンス、医療の分野でご活躍されてきました。アムジェン本社副社長を経てアムジェン日本法人を創業されご活躍の後、2005年3月にシンバイオ製薬株式会社を設立されました。バイオテクノロジーの最先端の技術を駆使して優れた新薬の開発を行い、バイオベンチャーの成功例の花形としてのアムジェン会社を牽引していかれた吉田氏ですが、シンバイオ社では、基礎研究を行わず、すでに海外で臨床段階後期にある開発品を導入し、国内およびアジア地域で迅速に製品化するという開発モデルをとっておられます。吉田氏をお迎えし、氏の創薬についての姿勢、アムジェン社からシンバイオ社へのストラテジの舵きりについての背景など、氏の創薬に対するお考えの軌跡、そして将来に向けての展望についておうかがいできると期待しております。
世話人 渡辺すみ子 (分野名)再生基礎医科学寄付研究部門
今井浩三 (分野名)付属病院


URL: http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyukai/
閉じる